ゆるーくダラダラ書きます

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

センター試験に思うこと

なんと、今日4個目の記事でございます。
しばらく書かないと思うんでまとめて書いときます。

f:id:hiropones:20170824141458j:plain
写真は郡山駅前。


国語編

国語の大門1はいつもお堅い文章であります。
まあ、点数差を出すために難しい文章にしてるのは分かりますが、これって本から出してるわけですよね?

てことは、この文章を好んで買う人がいるってことですわなあ。

いるか?そんなヤツ?

例えば、
「今日は遊園地に行って遊んだ。楽しかった」
という文が、大門1風に書くとして

「遊園地とは宇宙である。そこには人間の内的世界を媒介として、外的世界としての宇宙(コスモ)が
快楽として人間の脳裏を掠める。そこでの人間は宇宙と一体であり、コスモスの一部となるのである」

※てきとーに書いた文。読み飛ばしてくだぱい。

みてーになるのであるよ。

んで、作者が大体東大卒なんだから、頭の固さが思い知られる。

そして、大問1のあとの大問2の文章の簡単なこと。
(あくまで大問1とくらべてだが)

そして、古文漢文は長いし難い。



英語編

英語の文では
「よう、トム!昨日のワールドニュース政治学についてどう思う?」
「やあ、ジェイソン!僕はそれより世界の商業についてに興味を持ったよ!」
みたいに普通の大学生はけしてしないような会話が繰り広げられるわけであります。

まあ、普通の大学生レベルに
「今日バイトでパイセンにゲロ怒られたんすけどぉ」
「つか、ハッピーターン食いたい?みたいな。」
って感じの文章だと問題にならへんっていう。

あと、アクセントの問題は悪意しか感じないんで止めてください。
てか、あと数回でセンター試験消えるのか。


数学編
1Aはクソムズい。2Bは鬼ムズい。以上。



生物&科学編
最初、基礎と1の違いが分からず1の参考書を買ってやってました。
(念のために書いとくと、昔は○○基礎発展じゃなくて○○1、2だった)

そしたら、基礎と1では範囲が結構違うって言う。

でも有機科学全く分からんかったから変わって良かった。


日本史編
センター試験対策で駿台のセンター模試を解きまくってたんですが、ムズくね?

点数表示みると100点取ってるヤツが毎回いるんですが、どういう頭してんだ。

東大文一とかなの?

数年前に慶應の日本史を解いていたが、クソムズかった。
教科書に書いてないこと聞いて何がしたいの?



世界史編
最初はアメンホテプ4世とか呪文にしか思えなかったが、不思議と勉強してると分かってくるのね。


あと、世界史と日本史の両方勉強すると結構興味深いんでオススメ。

でも全く1から始める高校生は日本史より倫理とった方がいい。



結論
センター試験はあと数回で消えるらしい。
Teap利用とか導入する必要あるんだろうか。

東大も後期無くして推薦入れたけど、どーなのよ。

ペーパーテストの点数だけで全て決まった方が平等だと思うのですが。

前にテレビでハーバードの紹介してたが、日本の大学とのあまりの違いにビックリした。

こら日本から天才はでないわ、と思いましたとさ。