ゆるーくダラダラ書きます

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

好きなお笑い芸人5人

実は私、お笑いが好きでして。

それなりのコントだの漫才だの見てきた吾輩が好きな芸人を

挙げていきます。

 

1、カズレーザー

f:id:hiropones:20170420202221j:plain

この笑ってない表情かっこよくね!?

でまあ、最近新星の如く現れた彼。

頭がいい&赤い&マッチョ&バイという濃すぎるキャラ。

クイズでの活躍がすごいのは有名だが、お願いランキングの書評コーナー

で見せる的確な書評は、紹介する本を買いたくなるほど。

漫才も面白く、背も高く、優しそうで、小生が女だったら彼と結婚してた

と思う。

ちなみに、小生が小生と使ってるのは、カズレーザーが番組で自分を小生と

言ってたから。

 

2、ビートたけし

f:id:hiropones:20170420202857j:plain

芸人の王といえばこの人。

この人の著作を好きで何冊も読んだのだが、もう痺れまくり。

昔の本は特に毒が強い。今でこそ発言が丸くなったが

(本人に言わせれば、勝手にカットされてるとのこと)

やはり面白いのである。

爆笑問題ダウンタウン劇団ひとり。その後の天才と呼ばれる

芸人も彼の影響をもろに受けて育っている。

 

3、太田光

f:id:hiropones:20170420203638j:plain

彼の自伝にカラスというものがある。

読んだのは確か高2。

「高校のときは、友達が一人もいなく、しゃべらなかった。」

TVで好き勝手にはしゃいで、自由に発言して、どうせ子供のころから

イケてる楽しいグループにいたんだろ!?と思ってたが、

見事に打ち崩された。

こんな孤独な人間が、今こんなに成功した人間になってるのか・・・・

衝撃を受けた小生は、日芸の演技コースを受けようと思った。

爆笑問題はそこ出身だった)

んで、落ちたんで吉本に入ろうと思ったが、色々あってやめた。

とにかく彼の影響が無ければ私の人生は変わってたと思う。

 

4、劇団ひとり

f:id:hiropones:20170420204408j:plain

この顔かっこよくね!?

都会のシェイクスピアというDVDがある。

都会でのうまくいかない日々の中、自分を信じて願いをかなえる3人の主人公の話

をコメディーで描く作品なのだが、面白かった。

頑張ってる、努力してる人間を「お前さむいよww」「マジすべってるからw」

と馬鹿にする傾向がこの国にはあるが

(そういう人間からして何もできないし、クソみたいな人生を歩んでる)

自分の信念に従って行動し続ければいずれ光は見える、という

いわば明日への活力的なものは、やはり必要なのである。

前作の都会のナポレオンも好きだが、こちらの方がよりパワーアップしてるし

面白い。

 

5、松本人志

f:id:hiropones:20170420205423j:plain

太田光の影響でお笑い大好き人間になった私は、その後ガキ使やらごっつを

むさぼるように見ていた。

著作も色々読んだが、感じたのは太田光と似てるってことだった。

孤独でお笑いに人生を捧げるっていう。

銀魂に「似てる二人は喧嘩する」って話があり、銀時と土方は似てるがゆえに

行動パターンが同じで、仲が悪いということが描かれてる。

この二人もそんな感じではないか。

太田が映画撮りたいといってる横目で、松本が映画を撮り、ワイドショーの

裏でサンジャポやってたり。

共演が無いが、そろそろ同じ番組に出てもいいんじゃないか。

 

 

まとめなのだよ

小生の感性はかくして出来上がったのであるよ。