読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22歳学生のブログ

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

ライン上の友達が0人になった顛末

f:id:hiropones:20170414220926p:plain
あなたは友達が何人いるだろうか?
そして、その友達は貴方を友達と思っているだろうか?
私が大学を辞めたことは以前書きました。
んで、関係無くなった大学関係の人間と付き合い無い奴のラインを消そうと思った訳です。
で、思いました。
「何回か、どーでもいいやつばっかだなぁ~」
思えば、都会にいると無駄な出会いが多く、無駄なライン交換も多い訳です。
(見たら一回も連絡してないやつも結構いた)
いい機会なんで、全員消したんですよ。
冷静になって考えると、今まで如何に無駄な付き合いしてたか分かります。
グループにいたいが為に、行きたくもない付き合いに嫌々参加してたのも今ではいい思い出です。
私が好きなドラマに「伝説の教師」というのがある。
その中の台詞にこういうのがある。
「友達とは、そいつの良いところと悪いところ10個ずつあげられて、それでも側にいるやつや」
今までは、そいつについて、いいところ10個も挙げることすら出来ない友達がゴミの様に居ました。
それもそのはず、最初から友達じゃなかったのです。
実家のある福島には、遊ぶ相手が居るんですが、やっぱ楽しさが違いますわ。
今日消した元友達は、会っても全然楽しなかったんですわ。
それでも、友達が減ると何か不安だったんで無意味な付き合いしてました。
イケダハヤト氏のブログにも無駄な付き合いは要らないという旨の記事がありますが、ホンマやなぁ、と実感しております。
今、ダウンタウンなう、を見ながら書いてるのですが、ダウンタウンみたいな関係っていいな、って思います。
すっかすかの薄っぺらな形式だけの関係は要らないし、ゴミだと思います。
そもそも、ラインは簡単に消せても、それまで一緒に過ごした時間とか、友情は消せない訳ですし。
目に見えないものが大事なんやなぁ。
いいこと書いたんでこの辺で終わる。