読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22歳学生のブログ

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

去年お試し住宅を借りた話

f:id:hiropones:20170409145945j:plain図はイメージ

去年の7月に茨城県H市のお試し住宅を借りた。

大体約1か月住んだわけだが、その感想を書いていく。

 

1、何もない

まあ、田舎なんで当然そうなるわけですが、その家があった周辺が家が数軒ある

だけという体たらく。

最寄りのコンビニまで片道5キロ、スーパーまで10キロとかのレベルでした。

しかも、交通手段は持って行ったママチャリのみ。

でも、景色はいいし空気も綺麗なんで、むしろ楽しんで買い物に行ってました。

 

2、家に虫が入ってくる

夏ってのも大きかったと思うんですけど、虫が多かったです。

どこからともなく湧いてきます。

ゴキブリとかも慣れてるのか、叩くフリをしても全く逃げない。

私は虫嫌いなんですが、住んでるうちに慣れました。

虫は慣れます。

 

3、道の起伏が激しい

今住んでるところは基本道が平坦なんで、チャリ漕ぐのがめっちゃ楽なんですが

このお試しの道は凸凹してました。

スーパーは山道を超えた場所に合ったんですが、もはやたどり着くまでに

己の精神を試されてるかのような気分になってました。

スーパーに買い物に行くのに足の筋肉と精神力が鍛えられます。マジで。

 

4、見どころが満載

「んなわけねえだろ、田舎なんか何もねえよ」という人はぜひどっかの

お試し住宅を借りて住むことをお勧めします。

最初に〇〇市観光案内みたいなガイドブックを貰えるんですが、

チャリで回るとめっちゃ楽しいです。

景色も楽しめるし、観光地も田舎だから基本空いてるし。

栃木に歌川広重美術館なんてあるのか~、などの新鮮さがあります。

 

5、蕎麦屋が多い

何故か蕎麦屋が多かったです。

簡単なのか何なのか知りませんが、ほんと多かったです。

ちなみに、ありすぎて1軒も入ってません。

近くにコンビニありすぎてもはや入る気が起きない、の心理と一緒です。

 

結論

1か月3万だったと思いますが、得たものを考えると安いくらいに感じます。

興味がある人は借りた方がいいですね。

で、田舎は閉鎖的だとかよく聞きますが、確かに閉鎖的な地域も多いですが

住みやすい地域は本当に住みやすいなとも思います。

毎年、みんなが東京目指して上京する気持ちが分かりません。

広い空とか透き通った川よりも、ヒカリエとかスカイツリーの方が

好きなんでしょうか。