22歳学生のブログ

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

グラファロのお嬢ちゃんの感想

f:id:hiropones:20170611164423p:plain
外が暑そうなので、家の中でダラダラとnhk 教育を見ていると、グラファロのお嬢ちゃんという子供向けのアニメがやっていた。

主人公がウソップの声のネズミ。
内容としては虎の威を借る狐を、そのまんま物語にしたような話。内容は普通なのだが、音楽がいい。

この美しい旋律の音楽のおかげで、普通の面白さの内容が30倍マシに思えた。最近いい音楽が流れているドラマを見かけない。ゲームもそうなのだが、いい音楽が流れていると、大概のものはよく感じる。クソみたいな音楽が流れていると、その内容もクソに感じる。
(逆転裁判1と4を比べるとその違いがよくわかる)



もっとかけると思っていたのだが、意外に書く内容が思い浮かばなかったのでこの前見た加熱する中国の受験戦争について書きたいと思う。

中国の受験は、これからラスボスを倒しに行く勇者を送り出すかの如く親も子も真剣だった。試験が終わって会場の外で暴れ狂う若者もいたし、カンニングなどは日常茶飯時らしい。

教室の風景も流れたのだが、みんな休み時間中は教科書片手に歩き回り、ある生徒は一日17時間勉強していると言っていた。

なかでも印象的だったのか中国の貧困地域で生徒が「私たちが幸せになるには良い大学に入るしかない」と言っていたことだ。

北京大学や精華大学などの有名大学に入らなければ幸せになれないというのは一昔前の日本のようではないか。

今の日本でも東大などの有名大学に入り、三菱住友などの有名企業に入れれば幸せになれると思っている人が大勢いる。

コメンテーターがこれからは学歴ではなくて発想や問題を解決する力が大切だ、みたいなことを言っているが、そういう偉そうなことを言うコメンテーターに限って東大や慶応などの有名大学を出ている人物が多く、言ってる内容が矛盾してんじゃねーの?と思う次第である。

まとめ
音楽はクソだけど名作というのは存在するのだろうか?

貴族探偵の感想

f:id:hiropones:20170606114500p:plain
昨日何となくテレビを見ていると、相葉ちゃんが出ているドラマがやって行ったのでダラダラと見ていた。

フジテレビ、しかも月9という事であまり期待していなかったのだが、これが予想に反して結構面白かった。
昨日放送していたのを見たのが初めてだったの
だが 、途中から見ても粗筋はだいたいわかったので、これが一話完結のいいところだろう。


トリックの内容とか、殺人事件の内容としては
特に目を見張るものはなかったが、ドラマの雰囲気がなんとなく面白かったので、そこは良かったと思う。
あと、武井咲が可愛かったのも良かったと思う。
それと、相葉ちゃんが貴族の格好をしているのが 面白い。


それから相葉ちゃんと武井咲の関係も 昨日の1話を見ただけでだいたいわかったので、ドラマとしては 分かりやすい作りだと思う。
少なくとも嵐を主役にして視聴者を確保しようと
するドラマなだけではないというのがわかった。


私がドラマをよく見ていた10年前はテレビでドラゴン桜とかのだめとかが放送していて、まだ
ドラマが面白い時代だった。
その時の主役ジャニーズの年齢は 山p と亀梨が
二十歳 とかであった。


それがその10年後の今では、30歳で主役というのが当たり前になっている。年齢が10歳ほど上がっているのだ。本来であれば 佐藤勝利とか 永瀬廉とかが主役でもおかしくないのである。
これも日本で高齢化が進んでいることの影響
なのかもしれない。



まとめ
しゃべくりに akb の指原が出ていて、私は akb が好きじゃないので期待せず見ていたのだが、結構面白かった。逆に期待していた藤原竜也の ほうがあんまり面白くなかったので、テレビは期待しないで見るに限ると思った

学歴≠幸せ!?

f:id:hiropones:20170605102550j:plain
テレビで、高校の時の鬼才&天才は今!?
というのを見た。
大京大に受かった彼or彼女はいったい今
何をしているの!?という番組だ。

私は東大とか京大に受かれば、その後の人生は幸せだと思っていた。 しかし番組を見るとそうではなかった。

東大出身者が司法試験を受けた後に野球のプロテスト受けて落ちたりしたり、 京大出身の女性がその学歴と全く関係のない自転車のプロになっていたり、文字通り波瀾万丈の人生がそこにあった。

私がよく読むブログの中に東大六郎という人がいる。 その人は名前の通り東大に六郎して受かった人なのだが、東大に受かっても幸せにはなれなかったという。

んで、さっきの東大出身の野球のプロテストを受けた人の話なのだが、その人は高収入の弁護士をやめて、今では収入が1/3の野球関係の仕事をしているらしい。

普通に考えれば、収入がそんなに減ったならば
その人は不幸になったと思うだろう。
しかし、その人は幸せそうな顔をしていた。

ホリエモンの本に、これからはその人個人の幸せを追求する時代と書いていたが、その通りなんだと思う。

収入が高いはずの東京のサラリーマンが毎朝死んだ顔して満員電車に揺られ、収入が低いはずの田舎の農民や漁師が 生き生きした顔で働いているのを見ると収入が幸せに結び付くとは必ずしも言えないのではないか、と思う。

来年旧帝大受けます

f:id:hiropones:20170601185027j:plain
私が各地の大学を回ってシャーペンを集めているのは 何度も書いています。
そこで思ったことなのですが 、偏差値の高い大学はどこも建物が立派であります。

私もこんな立派な建物の中で勉強がしたい !

そこで、実験として今から勉強始めて、
来年の大学受験に間に合うのか?をやってみたいと思います。
具体的にどこ受けるのか、という話ですが 目指すからには高い場所や!というわけで旧帝大にしようと思います。
(現時点で可能性が高いのが北大か九大)

ちなみに筆者の今の学力であるが、文系マーチに 受かるかどうかぐらい。
センターは捨てていたので、国語、英語、
世界史 はそこそこできるが、理系は壊滅状態。

Youtube でツトッキーという東大に受かった
人が動画をあげているのだが、1日10時間は
勉強していたらしい。

そして私が愛読する面白ハンターというブログ
を書いている人は、やはり1日10時間は勉強し
ていたと書いている。

なんかのサイトで東大に受かるには累計勉強時間3000時間と書いていたので、旧帝に受かるには2500時間ぐらいなんじゃね!?
と思う次第である。

センター模試とかは受けたことがないので
わからんが、たぶん現時点でうけたら900点中300点ぐらいじゃないかと思われる。

多分受かっても落ちてもこのブログに書くと
思うので、(落ちたとしたらこのブログを消しているかもしれない)こう御期待。

岐阜訪れた話

Hey guys !!!  
ひょんなことから今、岐阜を訪れています。
なんで、思ったことをだらだらと書きたいと思います。
f:id:hiropones:20170530193010j:plain
名古屋から岐阜に向かったのですが 電車が進むにつれて 建物が消えていき、大自然になっていきました。
f:id:hiropones:20170530193207j:plain
田舎なので涼しいかと思ったのですが 意外と東京と変わらないぐらい暑いです。
盆地だから熱がこもるのでしょうか。
f:id:hiropones:20170530193428j:plain
スーパーで買った見慣れない物たち。
岐阜なのになぜか長野限定のカップラーメンが売っている。
f:id:hiropones:20170530193558j:plain
川で撮った写真。
ピーターパンが書いていておしゃれである。
f:id:hiropones:20170530193733j:plain
岐阜県内を走っている列車。
田舎は人力車や馬が交通手段である。
f:id:hiropones:20170530193951j:plain
岐阜に移住。皆見てくれよな!!
と言ってもメーテレでしかやってないが。

まとめ
岐阜駅の辺りを電車の窓から見ていたのだが、
田んぼとか山とかあってカルチャーショックを受けた。

北海道旅行 番外編

酪農学園大に行ったことはこの前書きましたが、 今回はその近くの開拓の村に行った話を書きたいと思います。
f:id:hiropones:20170529204407j:plain
f:id:hiropones:20170529204439j:plain
大学生だと少し料金が値引きされた。
学生証が初めて役に立った。
f:id:hiropones:20170529204544j:plain
よくわからん建物がいっぱい。
f:id:hiropones:20170529204658j:plain
f:id:hiropones:20170529204628j:plain
リアルで不気味な人形。
f:id:hiropones:20170529204750j:plain
草食べる馬。
f:id:hiropones:20170529204838j:plain
不気味なおばはんの図。
f:id:hiropones:20170529204926j:plain
台所で味噌汁を作る母親。
f:id:hiropones:20170529205031j:plain
包丁研ぐ女 。
一体それで誰を刺すと言うのだ!?
f:id:hiropones:20170529205210j:plain
開拓小屋。三匹の子豚のわら小屋ではない。
f:id:hiropones:20170529205233j:plain
開拓小屋内部。非常に殺風景である。
開拓の村は全部で50箇所ぐらいあるのですが
ひとつひとつ丁寧に見て行くと余裕で 1日潰れます。
で、ここから先は帰りの新千歳空港の様子です。
f:id:hiropones:20170529205723j:plain
フードコートの近くには飛行機の歴史が飾られている。
f:id:hiropones:20170529205802j:plain
Ca の歴代の制服。おっさん以外誰が見るんや。

f:id:hiropones:20170529205820j:plain
コーラの宣伝をするシロクマ。
f:id:hiropones:20170529205938j:plain
北海道限定のきのこの山 が売っていると見たのだが、私の探し方が悪かったのか見つからなかった。
f:id:hiropones:20170529210052j:plain
行きのスカイマークではキットカットを配っていたのだが、帰りのジェットスターでは何もなかった。

まとめ
巨大な北海道を回るには 1週間ぐらい必要だと感じた。
この3日間でめちゃくちゃ歩き回ったので 足首の骨が痛くなった。

小樽の旅路

札幌から小樽に向かった私。
一体そこで待ち受けていたものとは!?

とりま腹ごしらえに飯屋に行きました。
f:id:hiropones:20170529195407j:plain
なると。ラーメン屋ではない。
f:id:hiropones:20170529195445j:plain
誰が記念に撮るのだろうか?
f:id:hiropones:20170529195619j:plain
店内は活気がありました。
鳥の半身焼きは郵送でも買えるのですが、
送料の方が高いです。
鳥は美味しいのですが、骨があり食べ方が難しい
です。
f:id:hiropones:20170529195854j:plain
地元民が通うフードセンター小樽。
f:id:hiropones:20170529195917j:plain
焼きそばが冷えてますよ!
f:id:hiropones:20170529200032j:plain
小樽運河。観光客が多い。
f:id:hiropones:20170529200136j:plain
商業の町らしく、小樽商科大の隣に商業高校
が建ってました。
f:id:hiropones:20170529200247j:plain
近づいても逃げない鳥くん。
f:id:hiropones:20170529200342j:plain
商売するペンペン。
f:id:hiropones:20170529200440j:plain
日本郵船だったっけ?
f:id:hiropones:20170529200538j:plain
だそうだ。
f:id:hiropones:20170529200608j:plain
海上のカフェ。
f:id:hiropones:20170529200711j:plain
小樽駅。見た目が凄くいい。
んで、小樽商科大に行きました。
f:id:hiropones:20170529200802j:plain
商科大にいくには地獄を通る。
地獄の名の通り、坂がスゴくて汗が滝のよふに
溢れでました。
f:id:hiropones:20170529200913j:plain
商科大の校歌。f:id:hiropones:20170529201054j:plain
f:id:hiropones:20170529201115j:plain
f:id:hiropones:20170529201137j:plain
色々売ってるで。
f:id:hiropones:20170529201403j:plain
隣の商業高校。
で、また駅まで戻りました。
f:id:hiropones:20170529201500j:plain
小樽駅前には幸福の化学がある。
ふみかぁぁぁ!!!!
f:id:hiropones:20170529201715j:plain
この二人もなるとの鶏肉食ってるんや。
f:id:hiropones:20170529201758j:plain
人は人生という名の旅路を行く如し。
小樽運河を南下すると、メルヘン通りに
着きます。
f:id:hiropones:20170529201853j:plain
めるへーん!
f:id:hiropones:20170529201957j:plain
f:id:hiropones:20170529202016j:plain
おっ、おわぁぁぁ!!!!!めるへーん!!
f:id:hiropones:20170529202143j:plain
おぴょぴょぴょぴょぴょ、金色!
そして、さらに南下して行くと石原裕次郎記念館
に着きます。
f:id:hiropones:20170529202311j:plain
f:id:hiropones:20170529202417j:plain
本物の石原ですよ!!
f:id:hiropones:20170529202437j:plain
「俺の股間の バイクが暴走寸前だぜ!!」
f:id:hiropones:20170529202636j:plain
ちなみに私、彼の作品を見たことがありません。
f:id:hiropones:20170529202750j:plain
映画に使っていたらしい機材。
f:id:hiropones:20170529202926j:plain
「残りのドラゴンボールは 私がいただくぞ!!」
f:id:hiropones:20170529203037j:plain
「あげないもん 、プンプン!!」
f:id:hiropones:20170529203134j:plain
北朝鮮のミサイル 問題なんて感じさせないくらいのいい天気 なのであった。

まとめ
Google マップで自分が北海道にいることを確認してびっくりした。